東京に戻る


実家から東京に戻ってきました。都内のあちこちで節電モードに遭遇します。まあ、エスカレータやトイレのハンドドライヤーが使えないところで、そんなに困ることはないです。
あと、店頭の照明が暗くなって、都内のうす汚い印象が強くなりましたが、もともとの正体がそんなものですし、厚化粧して売られている商品が重要なわけないです。ともあれ、節電によって何が無駄で偽りか、というのがよく分かって面白いです。
さて、自宅に帰りがてら苦労しいしいミネラルウォーターを手に入れます。いやはや、戦時下ですね。


というか、このグラフを見る限り本当に核戦争レベルのような気もします(グラフは都内の降下物の放射能調査結果から作成。縦軸の値は、放射性ヨウ素とセシウムの合計)。放射性ヨウ素はそのうちなくなるにしても、放射性セシウムが1平米あたり1万ベクレル超なのが痛いですね。一時期、遷都発言が取り沙汰されてましたが、この数字を見る限り遷都があっても特に驚きはないです。ついでに言うと東京都は「東の京都」だったわけですし(関東には伊勢神宮や高野山、出雲大社に匹敵する場所がないのを見ると分かるように)。

帰宅してまっさきに空気清浄機(HEPAフィルタ入ってるやつ)を回します。ついで床を雑巾で水拭きし、窓を閉じた状態で掃除機をかけます。この辺はまあフツーの放射能対策ですね。それからネットでガイガーカウンターを見てみたら、3月13日には2万円くらいで買えたのが、10万オーバーに跳ね上がってて、びみょうに損したような気になりました。これが平和ボケってやつかもしれません。


This post is tagged



Trackback URL

http://famasaki.com/dairy/20110328180051/trackback/

Leave a Reply





Category