TEDを楽しむついでに英語のリスニング学習

TEDには無数のおもしろい英語プレゼン動画がアップされていて、一部のものには日本語字幕がついています。字幕は日本語だけでなく英語にも切り替えられるので、日本語字幕のものを見た後、英語字幕に切り替えてもう一度視聴すると、わりと楽しくリスニング能力を磨けそうです。もちろん最初から英字幕で見る方法もあります。

動画や音声のダウンロードも可能なので、移動中の空き時間などに活用することもできますね(下の画像は「DOWNLOAD」ボタンを押してポップアップしたウィンドウ)。
字幕もダウンロードしたい場合はこちらが参考になります。iPhoneアプリの場合はこちらがいい感じです。

日本語字幕が用意されているものを以下にまとめてみました。2011年5月23日時点で567本がアップされています。大御所やポップスターの名前があちこちに見られますね(マービン・ミンスキー、ネグロポンテ、ホーキング、ビル・ゲイツ、アル・ゴア、ドーキンス、ジュリアン・アサンジ、スティーヴン・レヴィット、ラリー・ペイジなどなど)。またコンスタントに新しい動画が追加されるので、途中で飽きずに楽しめそうです。

2011

2011/05 ルイ・シュワルツバーグ: 受粉の隠れた美しさ
2011/05 9・11テロの苦しみからの解放 ― 許しと友情を見つけた母たち
2011/04 マイク・マタスの次世代デジタルブック
2011/04 アンジェラ・ベルチャー:自然を使って電池を育てる
2011/04 リック・エリアス:不時着事故から学んだ三つのこと
2011/04 スーザン・リム: 臓器移植ではなく細胞移植を
2011/04 マーチン・ヤクボスキー:文明の設計図をオープンソース化する試みについて
2011/04 デイブ・メスリン:無関心への特効薬
2011/04 デビッド・クリスチャン: ビッグ・ヒストリー
2011/04 ジャクソン・ブラウン「どこへでも行けるなら」
2011/04 キャロライン・ケイシー: 限界の向こう側
2011/04 ミック・エベリング:閉じ込め症候群のアーティストを解き放った発明
2011/04 アンマリ-・トーマス「やわらか回路で体験型科学を」
2011/04 エリック・ウィテカー「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」
2011/03 セバスチャン・スラン「Googleの自動運転車で目指していること」
2011/03 エイソー・ベンダーが実現する「超人ハルク」
2011/03 イザベル・ベーンケ:ボノボから人間へ、遊びという進化の贈り物
2011/03 ハンス・ロスリングと魔法の洗濯機
2011/03 マーク・ベゾス:ボランティア消防士が語る人生の教え
2011/03 デイヴィッド・ブルックス:社会的動物
2011/03 ロブ・ハーモン「どのように市場作用が水流を維持できるのか」
2011/03 サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
2011/03 アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」
2011/03 ビル・ゲイツ:教育制度を破壊している米国における州予算
2011/03 ワエル・ゴニム:エジプト革命の内幕について
2011/03 JRのTED Prize wish:アートを通して世界をひっくり返す
2011/03 ワダー・カンファー:アラブ世界における歴史的瞬間
2011/02 アーン・トリオ「ピアノ、バイオリン、チェロにおける現代的解釈」
2011/02 ダニー・ヒリス:プロテオミクスによって癌を理解する
2011/02 リサ・ガンスキー:次世代のビジネスは「メッシュ」である
2011/02 パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」
2011/02 ちょっと聞いたことのない口笛の妙技
2011/02 マイケル・パウリィン:自然の素質を建築に生かす
2011/02 シンシア・ブリジール:パーソナル・ロボットの台頭
2011/02 スーヘー・ハミッドの詩「戦争、平和、女性、権力」
2011/02 ジョハナ・ブレクリー:ソーシャルメディアとジェンダーの終焉について
2011/01 ジェイク・シマブクロが奏でる「ボヘミアン・ラプソディ」
2011/01 ライザ・ドネリー「ユーモアに『変化』を託す」
2011/01 トーマス・ゲッツ:医療データ、再設計の時だ
2011/01 ヘザー・ナイト「シリコン製のコメディ」
2011/01 アンダース・インナーマン:爆発的に増大する医療データの視覚化
2011/01 アリ・カーシェルマン「男子生徒の学習を促すゲームの作成」
2011/01 トーマス・トウェイツ:トースターを1から作る方法
2011/01 アンバー・ケイス:誰もがすでにサイボーグ
2011/01 ジョディ・ウィリアムズ: 世界平和の現実的なビジョン
2011/01 ニール・パスリチャ:「Awsome(最高)」の3つの要素
2011/01 デボラ・ローズ:乳腺腫瘍を3倍も発見できるツール、そしてそれを一般に使用できない理由
2011/01 チャールス・リム: 即興する脳
2011/01 レズリー・ヘイズルトン「コーランを読む」

2010

2010/12 バリー・シュワルツ 「実践的な知の発揮」
2010/12 ブレネー・ブラウン:「弱さ」という力
2010/12 シェリル・サンドバーグ:何故女性のリーダーは少ないのか
2010/12 レイチェル・ボッツマン:コラボ消費について
2010/12 ダイアナ・ローファンバーグ「失敗に学ぶ」
2010/12 ハンナ・ロージン:女性上昇の新データ
2010/12 キラン・ベディ:警察署長としての変革
2010/12 トニー・ポーター:男達への提言
2010/12 ハッラ・トーマスドッティル「アイスランド経済危機における女性の責務」
2010/12 アーサー・ポッツ・ドーソン:持続可能なレストランへのビジョン
2010/12 バート・ウィートジェンス:いかにラットを訓練して地雷探知させるようにしたか
2010/12 マルセル・ディック:虫を食べよう
2010/11 ウィリアム・ユーリー「ノーからイエスへの歩み」
2010/11 バーク・ベア「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」
2010/11 ダン・フィリップス「再生品でクリエイティブな家づくりを」
2010/11 ジェイソン・フリード:なぜ職場で仕事ができないのか
2010/11 キム・ゴーゴンズ「脳震盪を防ぐための脳の保護術」
2010/11 ジョン・ハーディ:私の夢、「緑の学校」
2010/11 デニス・ダットン「美の進化論的起源」
2010/11 コンラッド・ウルフラム:コンピュータで子どもたちに教える本当の数学
2010/11 エリック・バーロウ:いかに複雑さが簡潔さへとつながるか
2010/11 エミリー・ピロトン:変革のためのデザイン教育
2010/11 デイビッド・ビスマルク「不正なき電子投票」
2010/11 トム・チャットフィールド: ゲームが脳に報酬を与える 7 つの方法
2010/10 バートン・シ―バー「持続可能な海産物?賢くなりましょう」
2010/10 ジョセフ・ナイ「グローバル パワーシフト」
2010/10 R.A.マシェルカー:革新的デザインで超低価格な製品を
2010/10 デビッド・バーン:ナッシング・バット・フラワーズを歌う
2010/10 パトリック・シャパット:漫画の力
2010/10 ダイアナ・コーヘン「プラスチック汚染の許容しがたい真実」
2010/10 ジェシカ・ジャクリー: 貧困、お金、そして愛
2010/10 ピーター・ハース「建築工学が引き起こしたハイチの大惨事」
2010/10 メリンダ・フレンチ・ゲイツ:NGOがコカコーラから学べること
2010/10 ステファノ・マンクソー:植物が持つ知性の根
2010/10 ステイシー・クレマー「人生最高の贈り物」
2010/10 ハンス・ロスリング:10年の良いニュース?
2010/10 ティム・ジャクソン 経済のリアリティ・チェック
2010/10 エベン・ベイヤー:キノコが新型プラスチックに?
2010/09 メチャイ・ビラバイダヤ:ミスター・コンドームはいかにしてタイの状況を改善したのか
2010/09 セバスチャン・スン: 私はコネクトームである
2010/09 ゲアリー・ウォルフ:定量化された自己
2010/09 ジュリアン トレジャー: シーッ!音と健康を考える8つのステップ
2010/09 ファビアン・ヘマート 「形が変化する未来の携帯」
2010/09 アニー・レノックス:なぜ私はHIVエイズ活動家になのか
2010/09 スティーブン ジョンソン「良いアイデアはどこで生まれる?」
2010/09 クリスティン・メンデルツマ 「世界はブタで回っている」
2010/09 キャロライン・フィリップス 「初心者のためのハーディ・ガーディ」
2010/09 ニコラス・クリスタキス:いかに社会的ネットワークが流行を予想するか
2010/09 ジェッサ・ギャンブル 「自然な睡眠周期」
2010/09 クリス・アンダーソン「ウェブ上の動画が後押しする世界のイノベーション」
2010/09 ベン・キャメロン:パフォーミングアーツの真の力
2010/09 カーン・ロス:独立外交官
2010/09 スガタ・ミトラ : 自己学習にまつわる新しい試み
2010/09 レイチェル・サスマン「世界で最も長寿な生物」
2010/09 デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」
2010/08 ニック・マークスが語る「地球幸福度指数」
2010/08 ダン・コブリー:マーケティングについて物理が教えてくれたこと
2010/08 リー・ホッズ:南極タイムマシンの秘密
2010/08 デビッド・マキャンドレス 「データビジュアライゼーションの美」
2010/08 セス・プリーバッチ 「世界を覆うゲームレイヤを作る」
2010/08 マズ・ジョブラニ「イラン系アメリカ人の噂聞いてる?」
2010/08 ピーター・モリニューによるバーチャルボーイ 「マイロ」のデモ
2010/08 シェリル ウーダン : 21世紀最大の不公平とは
2010/07 ルイス・ピュー: 意識を変えるためのエベレスト水泳
2010/07 ローリー・サントス: 猿の経済界にも見られる不合理性
2010/07 シーナ・ アイアンガ-: 選択術
2010/07 ケビン・ストーン:関節置換術のバイオな未来像
2010/07 タン・レイ 「脳波を読むヘッドセット」
2010/07 ジュリアン・アサンジ 「なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか」
2010/07 エリフ・シャファク: フィクション小説の利害
2010/07 イーサン・ザッカーマン:グローバル・ボイスに耳を傾ける
2010/07 マット・リドリー: アイディアがセックスするとき
2010/07 ハンス・ロスリング:地球規模の人口増加について
2010/07 ナリーニ・ナドカーニ:「刑務所内の生命科学」
2010/07 肥満+飢餓=1つの共通の食問題
2010/07 ブノワ・マンデルブロ: フラクタルと荒さの科学
2010/07 ミッチェル・ジョーチム「家は建てるな、育てろ!」
2010/07 カーター・エマート:三次元宇宙地図のデモ
2010/06 クレイ・シャーキー 「思考の余剰が世界を変える」
2010/06 ヒレル・クーパーマン:大人のためのレゴ
2010/06 アディティ・シャンカーダス: 学習障害に対するセカンドオピニオン
2010/06 チャールズ リードビーター:スラム街の教育革新
2010/06 メリアン・バンジェス:込み入ったデザインの美しさ
2010/06 アナンダ・シャンカール・ジャヤントが踊りで癌に挑む
2010/06 キャメロン・ヘロルド 「子供を起業家に育てよう」
2010/06 ピーター・タイヤック: 海洋哺乳類の興味深い鳴き声
2010/06 マーガレット・グールド・スチュワート:YouTubeの著作権への取り組み
2010/06 マイケル・シャーマー「自己欺瞞の背後にあるパターン」
2010/06 デビッド・バーン:いかにして建築が音楽を進化させたか
2010/06 討論:原子力発電は必要か?
2010/06 ロイ・サザランドが説く「小さなことにこだわろう」
2010/06 ジョン・カサオナ:密猟者から世話人へ
2010/06 マイケル・サンデル:失われた民主的議論の技術
2010/06 アダム・サドウスキー: ヴァイラルミュージックビデオの作り方
2010/06 ブライアン・コックス: 探検家が必要な理由
2010/06 クリストファー・「ムート」・プール:オンラインにおける匿名性について
2010/06 ブライアン・スケリー「海中に広がる美しい世界と、その世界に起きている惨劇」
2010/06 ジョン・アンダーコフラーが示すユーザインタフェースの未来
2010/05 セス・バークレー: HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略
2010/05 シャーミーン・オベイド・チノイ「自爆テロ養成学校の内側」
2010/05 ジョアンナ・ブレイクリー:ファッション界の自由な文化から学ぶこと
2010/05 ケン・ロビンソン卿:教育に革命を!
2010/05 クレイグ・ベンター:「人工生命」について発表する
2010/05 リチャード・シアーズが「脱石油」について語る
2010/05 グレアム・ヒル: 「ウィークデイベジタリアン(週5日の菜食主義)」のすすめ
2010/05 ウィリアム・リー: 癌が消滅する食し方
2010/05 ジュリア・スウィーニの談話
2010/05 ダン・メイヤー:「数学クラス改造計画」
2010/05 ネイサン・ミアボルド 「レーザーでマラリアは退治できるか」
2010/05 ニコラス・クリスタキス:社会的ネットワークの知られざる影響
2010/05 トーマス・ドルビー:愛は弾を込めたピストル
2010/05 アニル・グプタ:インドの隠れた発明の温床
2010/05 サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか
2010/05 エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験
2010/04 TEDTalksにまつわる真っ赤な嘘と統計の話
2010/04 スティーブン・ウルフラム 「万物の理論を計算する」
2010/04 カヴィータ・ラムダス:伝統を取り込んだ先鋭的な女性達
2010/04 オマール・アフマド:ペンと紙による政治的変革
2010/04 トム・ウージェック:塔を建て、チームを作る
2010/04 フレデリック・バラガデ:マイクロチップの上のバイオラボ
2010/04 エディス・ウィダー: 水中で光る生命
2010/04 テルマ・ゴールデン:芸術による文化の変革
2010/04 キャサリン・モーア「地球に優しい建築」
2010/04 ジョナサン クレインが語る「世界を変えた写真」
2010/04 マイケル・スペクター: 科学を否定することは危険
2010/04 ジョナサン・ドローリ「すべての花粉に物語がある」
2010/04 デニス・ホン 「私の7つのロボットたち」
2010/04 ディーン・ケーメン 「発明の裏にある感情」
2010/04 エリザベス・ピザーニ:セックス、ドラッグ、HIV―合理的に行きましょう
2010/04 アドーラ・スヴィタク 「大人は子供から何を学べるか」
2010/04 デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」
2010/04 カーク・シトロン:本物のニュースとは
2010/03 シュクラ・ボース:一度に一人の子供を教える
2010/03 ロバート・グプタ 「音楽に救われた魂」
2010/03 ジョエル・レヴィーン:なぜ今火星再探査が必要なのか
2010/03 アランシーグル「法律用語を明解に」
2010/03 ジュリアナ・マチャド・フェレイラ「ブラジルにおける希少動物密売根絶の戦い」
2010/03 サム・ハリス: 道徳観にまつわる科学
2010/03 ケン・カムラー: エベレストにて、奇跡の生還
2010/03 ジェーン・マゴニガル 「ゲームで築くより良い世界」
2010/03 エリック・ミード「プラシーボマジック」
2010/03 ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕
2010/03 ギャリー・ローダーの新たな交通標識:交互に
2010/03 ティム・バーナーズ=リー 「オープンデータとマッシュアップで変わる世界」
2010/03 LXD ― インターネット時代に、ダンスは進化する…
2010/03 ジェームス・キャメロン: 「アバター」を生み出した好奇心
2010/03 ゲリー・フレーク 「Pivotはウェブ探索における分岐点となるか?」
2010/03 ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎
2010/02 パワン・シンハが脳がどのように見ることを学ぶかを語ります
2010/02 テンプル・グランディン: 世界はあらゆる頭脳を必要としている
2010/02 エリク・トポル:無線通信を使うこれからの医療
2010/02 フィリップ ハワード: 壊れた法制度を直す4つの方法
2010/02 「ゼロへのイノベーション」 ビル=ゲイツ、エネルギーについて語る。
2010/02 エイミー・マリンズ: 逆境から生まれる機会
2010/02 デービッド・キャメロン: 政府の新時代
2010/02 ブレイス・アグエラ・ヤルカスによる新世代地図の実演
2010/02 ジェイミーオリバー 子供たちに食の教育を
2010/02 ジェイミー・ヘイウッド:弟が命を吹き込んだ大計画
2010/01 デレク・シヴァーズ 「変? それとも違うだけ?」
2010/01 ジェーン・チェン 命を救う暖かい抱擁
2010/01 イヴ・エンスラー : 忘れられた女子細胞
2010/01 ジョシュア・プリンス=ラマス:自らを再構築する劇場を建てる
2010/01 ビル・ダベンホール:健康はあなたの住む場所次第
2010/01 アンソニー・アタラ:臓器の培養
2010/01 レービン・アグラワール:インドの今見るべき10人の若手アーティスト
2010/01 デイビッド・ブレイン:17分間の息止め世界記録
2010/01 ラリテス・カトラガダ:経済発展のため、災害と戦うための地図作成
2010/01 キラン ビア セイシ: 子どもたちに “I can” と教える
2010/01 カーティック・サティアナラヤン「踊らされる熊を救った方法」
2010/01 ダン・ベットナー:100歳を超えて生きるには
2010/01 ニック・ヴィーシーが見えない物を透かし出す
2010/01 V. S. ラマチャンドラン: 文明を形成したニューロン

2009

2009/12 アシェル・ハサンのパキスタンからの平和メッセージ
2009/12 スティーヴン・カウリー:未来エネルギーの核融合
2009/12 ジェームス・ゲーリー 「比喩的話法」
2009/12 チャールズ・アンダーソン「海を越えるトンボとの遭遇」
2009/12 アレクシス・オハニアン:ソーシャル・メディアで注目を集める方法
2009/12 ロレッタ・ナポレオニ: 入り組んだテロの経済
2009/12 シェリーン・エルフェキ: アラブ世界のポップカルチャー
2009/12 マーク・パクター: インタビューの技能
2009/12 スニータ・クリシュナン:性的奴隷制との闘い
2009/12 アンドレア・ゲッズ:超大質量ブラックホールを探す
2009/12 ゴードン・ブラウン:グローバルな倫理か、それとも国益か
2009/11 マリカ・サラバイ:世界を変えるダンス
2009/11 マグナス・ラーソン:砂丘を建築に変える
2009/11 ハンス・ロスリング:アジアの台頭は果たしていつか?
2009/11 トム・ウージェック、13世紀のアストロラーベを紹介
2009/11 デブドゥット・パッタナイク:「東と西 煙に巻く神話」
2009/11 プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
2009/11 シンシア・シュナイダー「視聴者オーディション番組の驚くべき広がり」
2009/11 エドワード・バーティンスキーが撮す石油の風景
2009/11 レイチェル・パイク 「気候に関する見出しの裏にある科学」
2009/11 キャメロンシンクラー:一時的な活状の難民
2009/11 ステファーナ・ブロードベント 「インターネットによる親密な人間関係の構築」
2009/10 ベッキー・ブラントン:私のホームレス体験
2009/10 レイチェル・アームストロング:「自己修復する建築?」
2009/10 デイヴィッド・ドイチュ:説明を説明するための新しい方法
2009/10 イアン・ゴールディン:グローバルな未来を航海するために
2009/10 マーク・コスカ: 注射器を再発明する130万の理由
2009/10 イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
2009/10 ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」
2009/10 我々に影響を与える4つの音について
2009/10 デイビッド・ハンソン:「感情を表現する」ロボット
2009/10 サム・マーティンが見た「男の空間」という癖のある世界
2009/10 ボー・ロット:目の錯覚が示す私たちの物の見方
2009/10 チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性
2009/10 キャロリン スティール:食料による都市の形成
2009/09 黄金律を復活させよう
2009/09 ティム・ブラウン:デザイナーはもっと大きく考えるべきだ
2009/09 ジャクリン・ノヴォグラッツ: 援助への第三の道
2009/09 タリン・サイモン 隠された側面を撮る
2009/09 ウィリアム・カムクァンバ: 私がやって見せた風力発電
2009/09 ジョナサン・ジットレイン 「親切に支えられたWeb」
2009/09 イモジェン・ヒープが歌う「終わるまで待つの?」
2009/09 オリバー・サックス: 幻覚が解き明かす人間のマインド
2009/09 ビャルケ・インゲルスがワープスピードで語る3つの建築の物語
2009/09 ミーシャ・グレニーが国際犯罪ネットワークを調査する
2009/09 レベッカ・サクス:脳はどうやって倫理的判断を下すのか
2009/09 ジェームズ・バログ: コマ落とし撮影カメラが捉えた極地氷の喪失の証拠
2009/09 エヴァン グラント:サイマティックスで音を可視化する
2009/09 ジョッシュ・シルバーによる度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ
2009/08 キャリー・フォウラー: 種を通じて食料の未来を守る
2009/08 ナターシャ・ザコスのマルチメディア劇場アドベンチャー
2009/08 ハンス・ロスリング 「私のデータセットであなたのマインドセットを変えてみせます」
2009/08 エリック・ガイラー: ワイヤレス電力のデモ
2009/08 ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」
2009/08 エマニュエル・ジャル:「ウォー チャイルド」の歌
2009/08 ジャニン・ベニュス:行動するバイオミミクリー
2009/08 ポール・ローマーの斬新なアイデア:特区都市
2009/08 マイケル・プリチャードが汚水を飲料水に変える
2009/07 ゴラン・レヴィンが作る見つめ返す作品
2009/07 アラン・ド・ボトン:親切で、優しい成功哲学
2009/07 ゴードン・ブラウン: ウェブを繋いで地球に善を!
2009/07 ジム・ファロン 「殺人者の精神の探求」
2009/07 ダニエル・クラフトのより良い骨髄採取法の開発
2009/07 キャリー マリスの危険な感染症に対する次世代治療法について
2009/07 ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出
2009/07 トム・ウージェックの「脳が意味を創る3つの方法」
2009/07 チャールズ+レイ・イームズの天才的デザイン
2009/07 ダニエル・リベスキンド:建築の17のインスピレーション
2009/06 ゲーバー・タリーが工作を通じて教える人生の教訓
2009/06 アーサー・ベンジャミン:数学の教育を変えるための公式
2009/06 レイ・ザハブが南極点まで歩きます
2009/06 ポール・コリアーの破綻国家を再建する新しいルール
2009/06 フィリップ・ジンバルド:「時間と健全に向き合う処方箋」
2009/06 キャサリン・モーア:外科の過去、現在とロボットのある未来
2009/06 クレイ・シャーキー 「ソーシャルメディアはいかに歴史を作りうるか」
2009/06 ジェーン・ポインター:バイオスフィア2での生活
2009/06 リチャード・ジョン:成功とは終わりのない旅である
2009/06 ケビン・サーレスは環境に優しいプラスターボードを発明しました。
2009/06 ジョン・ラグルーはスマートコンセントを宣伝します。
2009/06 ピート・アルコーンが語る2200年の世界
2009/06 ヤン・アルテュス=ベルトランが広角で捉える壊れやすい地球
2009/06 レイ・カーツワイル:今後現れるシンギュラリティ(技術的特異点)を学ぶ大学
2009/05 カキ・キングがロックする「ピンク・ノイズ」
2009/05 ジョナタン・ドロリー「私たちは数十億の種を貯蔵しています」
2009/05 ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱
2009/05 ミッシェル・オバマの「教育への願い」
2009/05 ホアキム・デ・ポサダの、マシュマロはまだ食べちゃダメ!
2009/05 イヴ・べアールのスーパー電気バイクのデザイン
2009/05 カロリン・ポロコ:土星の衛星は生命を抱くのか?
2009/05 ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?
2009/05 ナチュラリー7:7人のビートボックス
2009/05 ハンス・ロスリングのHIV考察: 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ
2009/05 セス・ゴーディン:我々がリードする部族
2009/05 アル・ゴア元副大統領が気候の傾向を警告
2009/05 ルイズ・フレスコが世界中に食料を与える事について語る
2009/05 ショーン・ゴーリー:戦争の数理学
2009/05 ブライアン・コックス:LHCの失敗の原因について
2009/04 アレックス・タバロック「アイデアはいかにして危機を乗り越えるか」
2009/04 ベン・カチョア 過ぎ去りしニューヨークを描いたコミック 
2009/04 エリック・ハースマンの「テキストメッセージによる危機の報告」
2009/04 ネイト・シルバー:人種は投票に影響を及ぼすか?
2009/04 マーガレット・ワーザイム: 珊瑚と かぎ針編みに見る美しき数学の世界
2009/04 マシュー・チャイルドのロッククライミングから学んだ9つのこと
2009/04 ティム・フェリス:恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
2009/04 ジョアン・クチェラ‐モーリン:アロスフィアの旅
2009/04 シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画
2009/04 レニ・グリーソンは携帯電話との付き合い方について話します
2009/04 ボニー・バスラー:「細菌はどうやってコミュニケーションするのか」
2009/04 P.W. Singer が語る軍用ロボットと戦争の未来
2009/04 クリストファー・ディーム「エアストリームのリスタイル」
2009/04 ウェリ・ゲーゲンシャッツのスーパーウィングスーツジャンピング
2009/03 ジャチェック・ウツコは問う「デザインは新聞を救えるか?」
2009/03 ネイサン・ウルフのウイルス退治
2009/03 ジョン・ウーデン;勝利と成功の違い
2009/03 ジャクリン・ノヴォグラッツ「貧困からの避難」
2009/03 ソール・グリフィス:未来の再生可能エネルギーとしての凧
2009/03 カマール・メトルによる、自分でできるおいしい空気の作り方
2009/03 ダン・アリエリー
2009/03 ダニエル・デネット:かわいさ、セクシーさ、甘さ、おかしさ
2009/03 ティム・バーナーズ=リーが示す次のウェブ
2009/03 エミー・マランスと12組の足
2009/03 パティ・マースによる 「第六感」デバイス のデモ。ゲームの流れを変える着用可能な技術です
2009/03 ドナルド・ノーマン 「感情に訴えるデザインの3つの要素」
2009/03 ナリニ・ナドカルニ:「林冠の保全」
2009/03 ウィリー・スミッツの熱帯雨林再生計画
2009/03 女の子のためのTVゲームーブレンダ・ローレル氏
2009/02 エヴァン ウィリアムズ 「Twitterユーザーの声に耳を傾ける」
2009/02 ミル・キムのアンダーグラウンド アート
2009/02 チャールズ・ムーアが語るプラスチックの海
2009/02 エド・ウルブリッチ:ベンジャミン・バトンの顔はこうしてできた
2009/02 ジル・ターターのSETI(地球外知的生命体探査)への参加の呼びかけ(TED prize 受賞!)
2009/02 グスターボ・ドゥダメルがテレサ・カレーニョ・ユースオーケストラを指揮する
2009/02 ホセ・アントニオ・アブラウ:「音楽で変わった子どもたち」
2009/02 フアン・エンリケズが新しい驚くべき科学について共有します
2009/02 バリー・シュワルツ「知恵の喪失」
2009/02 デービット・メリル:考えるブロック玩具「シフタブル」
2009/02 エリザベス・ギルバート 「創造性をはぐくむには」
2009/02 ビル・ゲイツの現在の活動
2009/01 ランニングに関するエイミー・マリンズの話
2009/01 ジョセフ・パインの「消費者の望むこと」

2008

2008/12 ニコラス・ネグロポンテがコロンビアへOLPCを持って行く
2008/12 ベンジャミン・ウォレス:幸せの価格
2008/12 ダン・ギルバート 私達の誤った予測
2008/12 ジェイ・ウォーカーによる「人間想像力の図書館」
2008/12 ニック・シアーズ(Nick Sears)氏、球体を実演
2008/12 ラリー バーンズ 未来の車
2008/12 リチャード・プレストンが語るセコイアの巨木
2008/11 グレゴリー・ペトスコの来るべき神経疾患の流行における考え
2008/11 アンディ・ホブズボームが語る「環境にやさしいことをしよう」
2008/11 ダン・バーバー: 驚くべきフォアグラ物語
2008/11 未来について、ビル・ジョイが思いを巡らせる
2008/11 ジョージ・スムート「宇宙のデザイン」
2008/11 ティム・ブラウン:創造性と遊び
2008/11 ジョン・フランシスはひたすら地球を歩いてきました
2008/10 イマーム ファイサル アブデュル ラウフ: 自我を捨て、慈悲を見つける
2008/10 スワミ・ダヤナンダ・サラスワティ:思いやりへの深遠な道のり
2008/10 ジャッキー・タビック:憐れみ深くあるということ
2008/10 ニュートン・アドゥアカ:『エズラ』を語る
2008/10 ライヴスは顔符号の話をします。
2008/10 ジャレド・ダイアモンド 文明崩壊は何故起こるのか
2008/10 クリスティーン・アシュバーンの痛ましいエイズの写真
2008/10 ミハイル・チクセントミハイ フローについて
2008/10 ギャレット・リージ「万物の理論」
2008/10 ドリス・カーンズ・グッドウィン: 歴代大統領から学ぶこと
2008/10 デビッド・ペリー ゲームについて
2008/10 ジェームズ・ナクトウェイ:超多剤耐性結核(XDR-TB)と闘う
2008/09 ステファン・サッグマイスターは何を習ってきたかについて話しています。
2008/09 ラウラ・トリスによる感謝表明のすすめ
2008/09 フィリップ・ジンバルド:普通の人が どうやって怪物や英雄に変貌するか
2008/09 マービン・ミンスキーが健康や人間の心について語る
2008/09 デイビッド・ローズの「VCへのプレゼン術」
2008/09 ジョナサン・ハイト リベラル派と保守派のモラルの根源を語る
2008/09 アン・クーパー、学校給食について
2008/09 ブルースター・ケール:無料の電子図書館を作る
2008/09 ジョナサン・ドローリ:私たちが知っている気になっていること
2008/08 オウムのアインシュタインが語り、鳴き、歌う
2008/08 オリ・オコーラ:活動家になること
2008/08 ネリー・マッケイ 「犬の歌」
2008/08 イアン・ダンバーの犬にやさしい調教法
2008/08 デビッド・グリフィン:写真はいかに我々を結びつけるか
2008/08 パトリシア・バーチャット: 暗黒物体ダークマターの解明
2008/08 ブルノ・ボウダンが折り紙細工をし、ルフス・カパドキアがチェロを弾く
2008/07 ロバート・ラングが全く新しい時代の折り紙を折る
2008/07 ケビン・ケリーが語る「ウェブのこれからの5000日」
2008/07 クリス・アバニ 人間性を熟考する
2008/07 マリサ・フィック-ジョーダンがズールー族のワイヤーアートの驚きを語る
2008/07 マーティン・セリグマンのポジティブ心理学
2008/07 キース・バリーのブレインマジック
2008/07 聖書流生活
2008/07 ヘレン・フィッシャー:恋する脳の研究
2008/07 フリーマン・ダイソン「太陽系の外れに生命を探そう」
2008/07 ネリー・マッケイが歌う「真珠層」と「もしあなたがいたら」
2008/07 クレイ・シャーキー「組織というシステムと協力というシステム」
2008/07 コルネイユ・イワンゴ:コンゴの森のヒーロー
2008/07 ラウル ミドン Live:「エブリバディ」/「 ピース オン アース」
2008/06 ピーター・ディアマンディス:「ゼロGのスティーブン・ホーキング博士」
2008/06 ネリー・マッカイは 「クロニー」という曲を歌っています。
2008/06 ニコラス・ネグロポンテが語る「子供に1人1台ラップトップ 計画の2年の成果」
2008/06 ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」
2008/06 Adam Grosserの持続型冷蔵庫
2008/06 ディーン・オーニッシュは、遺伝子は運命では決まらないと語る
2008/06 クリス・ジョーダンが描くショッキングな統計
2008/06 ジョージ ダイソンが語るコンピューター誕生の物語
2008/06 マレー・ゲルマンの言語の祖先について
2008/06 スーザン・ブラックモア: ミームとテーム
2008/05 ポール・コリアー 最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?
2008/05 アーサー・ガンソンは動く彫刻を作ります
2008/05 ロバート・バラードの海洋探査
2008/05 マーク・ビットマン 「我々の食料に関する課題」
2008/05 アリサ・ミラー ニュースのニュースについて
2008/05 ジョシュア・クライン: カラスの知性
2008/04 ブライアン・コックス: CERN の大型加速器
2008/04 ブライアン・グリーンが語るひも理論
2008/04 エイミ・タンの創造性について
2008/04 ヨハイ・ベンクラーの新しいオープンソース経済について
2008/04 ジョニー・リーが披露するWii リモコンHack
2008/04 アル・ゴア:気候の危機的状況に関する新しい考え方
2008/04 スティーブン・ホーキング、宇宙に関する大きな疑問を問う
2008/04 ヤコブ・トロールバックが音楽ビデオを再思考する
2008/04 デビッド・ホフマンがスプートニクマニアについて語る
2008/04 ジークフリード・ウォルドヘック:レオナルド・ダ・ヴィンチの本当の顔
2008/03 クリフォード・ストールがいろんなことを話します
2008/03 クリストファー・デシャーム 「リアルタイムの脳スキャナー」
2008/03 デイブ=エガーズの TED wish: ある学校で
2008/03 ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作
2008/03 1984年に、ニコラス・ネグロポンテが語った5つの予測
2008/03 クレイグ・ベンター:目前に迫る合成生命の創造
2008/03 アラン・ケイの考える、アイディアについてのすごいアイディア
2008/02 ロイ・グールドとカーティス・ウォンによるWorldWide Telescopeの試写
2008/02 スティーブ・ジャーベソンが語る、模型ロケット
2008/02 ジョセフ・レクトン: ケニアの寓話を語る。
2008/02 ジル・アンド・ジュリアショー
2008/02 ハワード ラインゴールド: コラボレーション
2008/02 マイケル・ポーランが植物の視点から語る
2008/01 ロビン・チェイスによるZipcarと更なるビッグアイデア
2008/01 クリス・アンダーソンが語るTEDのビジョン
2008/01 デイヴィッド・ポーグのミュージック戦争
2008/01 ラウル・ミドンが歌う「オール・ジ・アンサーズ」と「テンベレラーナ」
2008/01 水中の驚き by デイビッド・ガロ
2008/01 J・J・エイブラムスの謎の箱
2008/01 デボラ・ゴードンのアリにかける情熱
2008/01 ヨシ・バーディ「小さな温暖化対策」
2008/01 イザベル・アジェンデの情熱物語

2007

2007/12 ゲーバー・タリー:子どもがすべき5つの危険なこと
2007/12 ラクシュミ・プラチュアリの「文通」
2007/12 ダニエル・ゴールマンが思いやりを語る
2007/12 アーサー・ベンジャミンが行う「数学手品」
2007/12 エイモリ・ロビンス「石油からの脱却を成し遂げるために」
2007/12 フィリップ=スタルクがデザインを熟考する
2007/11 ロバート・フル 動物の動きについて
2007/11 ジュアン・エンリケはエネルギーを栽培したいと願う
2007/11 ポール・ロスマンド「DNAに魔法をかける」
2007/11 ローレンス・レッシグ:法が創造性を圧迫する
2007/11 マチュー リシャール 幸せの習慣
2007/10 ヴィラヤヌル・ラマチャンドランの「心について」
2007/10 マイラ・カルマン: 絵を描く女
2007/10 ホッド・リプソン「自己概念を持ったロボット」
2007/10 蛯名健一の魔法の体
2007/10 キャロリン・ポーコと土星を訪問
2007/09 ポール・マクレディー:陽を浴びて舞う翼
2007/09 ジョン前田のシンプリシティについて
2007/09 スティーブン・ピンカー: 暴力にまつわる社会的通念
2007/09 スティーブン・ピンカー:言語と思考
2007/09 テオ・ヤンセン:新たな生物の創造
2007/09 アンドゥリュー・ムエンダの新しいアフリカの見方
2007/08 エリン・マッキーン「辞書を再定義する」
2007/08 ディーン・ケーメンが最新の義手をお披露目する
2007/08 ジェフ・スコールは、社会を変革する映画を作っています
2007/08 ヴズィ・マーラセラが歌う「トゥラ ママ」
2007/08 ジャクリン・ノヴォグラッツ 「寛容な資本主義」
2007/08 クリス・アバニ アフリカの物語
2007/08 パトリック・アウアー: リーダーの教育
2007/07 ユービン・ナイドウ: アフリカへの投資
2007/07 ウィリアム・カンカンバの風車について
2007/07 ヌゴジ・オコンジョイウェアラ:援助対貿易
2007/07 アリソン・ハントが(新しい)股関節を手に入れる
2007/07 デヴィッド・ボリンスキー 細胞に命を吹き込む
2007/07 ライブズの午前4時
2007/07 ジョナサン・ハリスのウェブにおける秘密の物語について
2007/07 アラン・ラッセル: 肉体の再生
2007/07 ダニエル・ダネットの危険なミーム
2007/06 ビル・ストーンが世界で最も深い洞窟を探検する
2007/06 ハンス・ロスリングは貧困に対する新たな洞察を示します
2007/06 ステファン・ローラー「マイクロソフト バーチャルアース ツアー」
2007/06 ボブ サーマンの私たちは仏陀になれるという話 
2007/06 アナンド・アガラワラ: BumpTopデスクトップのデモ
2007/05 ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ‐アフリカでのビジネスについて
2007/05 ジョン・ドゥアー、グリーンテックに救済と利益を見い出す
2007/05 ブレイス・アグエラ・ヤルカス Photosynthを実演説明
2007/05 ティアニー・ティス: 巨大マンボウと過ごすとき
2007/05 ジェフ・ホーキンスが語る「脳科学がコンピューティングを変える」
2007/05 スチューアード・ブランドは開拓された都市について話しています。
2007/05 スチューは「黒人たちがスキーする」と言っています。
2007/05 セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ:Googleについて
2007/05 ナタリー・マクマスターがフィドルで奏でるリール
2007/04 WIRED誌のクリス・アンダーソンがテクノロジーのロングテールについて語る
2007/04 トーマス・ドルビーとラシェル・ガニエ
2007/04 エディ・リーダーが歌う「手にしているもので何をするか」
2007/04 エディ・リーダーが歌う「カイトフライヤーズヒル」
2007/04 ジェフ・ベゾス:次のウェブ・イノベーション
2007/04 エヴェリン・グレニーが「聴き方」について語る
2007/04 ダニエル デネット 我々の意識について
2007/04 キャロライン・ラヴェルが奏でる魔法のチェロ
2007/04 ジル・ソビュレはアル・ゴールに歌を歌っています
2007/04 ジェーン・グドール: 類人猿とヒトを分かつもの
2007/04 ゴラン・レヴィン ソフトウェアアート
2007/04 ジェームズ・ワトソンが語る「DNA構造解明にいたるまで」
2007/04 アレックス・ステッフェンが語る「持続可能な未来」
2007/04 ノラ・ヨークは「私がほしいもの」という曲を歌っています
2007/04 アルは、私たちの脳が間違ってプログラミングされると語っている。
2007/04 ジェームズ・ナクトウェイの戦争写真の衝撃
2007/04 ビル・クリントン: ルワンダの再建
2007/01 スティーブ・ジョンソンの感染地図
2007/01 チャールズ・リードビーター:イノベーションについて
2007/01 ウェイド・デイヴィス‐絶滅の危機に瀕した文化
2007/01 ビヨルン ロンボルグは世界の問題に優先順位をつける

2006

2006/12 ディーン・オーニッシュ:病原的食生活
2006/12 ライブスのインターネット操作
2006/12 リチャード・セント・ジョン「成功者だけが知る、8つの秘密!」
2006/12 ピーター・ガブリエル:ビデオを用いた不正との戦い
2006/10 アフリカを救うためのボノの呼びかけ
2006/10 バート・ルータン:宇宙旅行ビジネスの未来
2006/10 ベン・サンダース:北極点へのスキーの旅
2006/10 ジャクリン・ノヴォグラッツ 貧困に終止符をうつ投資
2006/10 イクバル・カディーア 貧困と戦う携帯を語る
2006/10 エヴァ・ヴァーテスが医学の未来に目を向ける
2006/09 ダン・ギルバート:「私たちが幸せを感じる理由」
2006/09 バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて
2006/09 マルコム・グラッドウェル、パスタソースと幸せについて
2006/09 スティーヴン・レヴィット クラック経済の分析
2006/09 ドーキンスが語る「奇妙な」宇宙
2006/09 ヘレン・フィッシャー氏が語る「人が恋する理由」
2006/09 イヴ・エンスラー: 心と体に宿る幸せ
2006/08 メーナ・トロットがブログについて語る
2006/08 リチャード・バラニック:オープンソース学習
2006/08 ジミー・ウェールズ: ウィキペディアの誕生
2006/08 シリーナ・ウォン 魅惑のバイオリン
2006/08 ジェニファー・リンが見せる魔法のピアノ即興演奏
2006/08 ニコラス・ネグロポンテが「子供に1人1台ラップトップ」計画を語る
2006/08 ジェフ・ハンの画期的なタッチスクリーン
2006/07 ジャハニ・ヌージャイム が「グローバル・フイルム・デー」を提案
2006/06 ハンス・ロスリング 最高の統計を披露
2006/06 アル・ゴア 「気候危機の回避」
2006/06 デビッド・ポーグ 「シンプルなものは売れる」
2006/06 マジョラ・カーターの都市再生の物語
2006/06 ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」


This post is tagged

One Response

  1. Daniel より:

    I’m gpne to infor my little brother, that Һe sholuld also visit thiѕ weblog on regular
    basis tо gget uodated frkm mօst up-to-date news update.



Trackback URL

http://famasaki.com/dairy/20110523145619/trackback/

Leave a Reply





Category