フィリピン滞在記 授業編2

【1】
「日本にはもともと文字がなくて中国から漢字を輸入したんです」
「へー」
「その後、日本女性がひらがなとカタカナを漢字から作りました」
「ひらがなとカタカナは女性が作ったんだ。すごいね!」
「はい、女性が作りました」
「それじゃ日本の男性は何を作ったの?」
「…え?」
「日本の文字に何か貢献したの?」
「えーと、中国から漢字を輸入して、女性からひらがなとカタカナを拝借しました」
「つまり?」
「うん、何も作ってないかもしれないですね」

【2】
「僕たちは数字の13を避けるけど、日本では4が忌数らしいね」
「そうですね。一般に4と9が嫌われます」
「ふうん」
「でも13を嫌うなら、4と9も避けた方がいいですよ」
「どうして?」
「13を分解すると、1と3になりますよね。1と3を足したらどうなります?」
「…4!」
先生が素直にびっくりしてくれたので、僕は調子に乗ってつづけます。
「では日本の忌数である4と9を足したらどうなると思います?」
「13!?」
「ふふふ。今日から13に加えて、4と9も避けることですね」
「ハービー、君は何てことを教えてくれたんだ…」

【3】
「ハービーは日本を離れて寂しくならない?」
「??? なぜですか?」
「日本に家族や友達がいるでしょ?」
「それがどうかしましたか?」
「だったら寂しくなるんじゃないの?」
「みんな元気にやってるから問題ないです」
「……」

【4】
「フィリピンにはビキニバーがあるのは知ってるよね?」
「話には聞いてます」
「ハービーは行かないの?」
「あー、無理ですね」
先生はまだ僕のキャラクターが掴めていないようです。
「…ひょっとしてゲイ?」
「違います」
「うーん、よく分からないなあ」
よく分からないのは僕の方です。世の中の人たちはおうおうにして、「ロリに興味ないです」「じゃあショタなの?」とか、「サドじゃないです」「じゃあマゾなの?」みたいな反応を返すわけですが、いっぺん頭の中をのぞいてみたいです。個人の嗜好はそんなに単純なものではないと思いたい。

【5】
熱心なプロテスタントの先生がいて、彼女は休日にチャーチメイト(という人たちがいるらしいです)と一緒に勉強会を開いたりしているほどです。僕にはまったく縁のない世界ですが、その片鱗に触れる機会がありました。「科学、哲学、宗教、文学、美術を重要と思える順に並べなさい」という質問がテキストに書かれていて、僕は宗教を下位に置きました。
「プロテスタントの先生には申し訳ないですが、僕の中で宗教の順位は低いですね」
「あら、どうして謝るのかしら。プロテスタントは宗教ではないのに」
「はい?」
「何も気にしなくていいわよ」
「えっと、プロテスタントは宗教ですよね? キリスト教の一派で」
先生が怪訝な顔をして、力強く答えました。
「いいえ、プロテスタントは宗教(religion)ではありません」
「…あ、そうですか」
この方面の話はジャブを打つと面白いので、ふだんの僕なら突っ込むところですが、直感的にえらく面倒なことになりそうだったので、とりあえず同意しておきました。僕もときには空気を読みます。
おそらく他の宗教の人たちも、この先生のようにそれを宗教だとは思っていないんでしょうね。この辺が宗教が厄介な理由のひとつかもしれません。

【6】
「日本は尖閣諸島をめぐって中国と揉めているようだね」
「そうみたいです」
「実はフィリピンも最近の中国には手を焼いているんだ。領土問題で」
「そうですか。お互い大変ですね」
やはり中国に困っているのは日本だけではなかったようです。

【7】
風邪で休んだ先生の代わりに、臨時の先生との授業が一度だけありました。とりあえず一回だけの授業だったので、仮想問答によるスピーキングという内容でした。それで僕が質問に無難な答えをつづけていると、先生が挑発してきました。
「ハービー、これは架空の質問なんだ。もっとアグレッシブな回答でもかまわないよ」
「いいんですか? それなら本気を出しますよ」
「そうこなくちゃ。じゃあ『もし一日だけ透明人間になれたら何をする?』」
「透明人間ですか…」
「お金を盗んだり、エッチなことをしたり何でもできるよ」
「そういうのつまんないですよ」
「どういうのが面白いの?」
「例えば、そうですね。中東に有名な聖地があるじゃないですか?」
「ああ、×××××のこと?」
「ですです。そこに透明人間の状態で潜入して大量の××を仕掛けます」
「オゥ…」
「でも、ただの××では退屈なので、中身は×××××にします」
「何てクレイジーなんだ…」
「おそらく歴史が変わると思いますよ」
「う、うん」
「もっとクレイジーなことを言ってもいいですか?」
「いや、いまの答えで十分だよ」

【8】
「去年の津波は大変だった?」
「そうですね、立ち直るのに十年はかかると思います」
「十年! それは困る」
「どうしてですか?」
「だって津波があった後、日本からの仕事が減って、フィリピン経済はすごく打撃を受けたんだ。工場が閉鎖されたり、レイオフが実施されたり。日本経済にはしっかりしてもらわないと」
「そんなことがあったんですか」
やはり日本の影響力はアジアの中で大きいみたいで、経済的に期待されているようです。

【9】
フィリピンの公立小学校では、一冊の教科書を生徒4~5人で使ったり、一人の教師が60~100人の生徒を教えているらしく、そのため満足な初等教育が行えていないとのことでした。
「初等教育には最大限の力を注ぐべきですよ。コスパ最強ですから」
「それは分かるんだけど、横領がはびこっているんだ。だから必要なところに必要なお金が行かない」
「ああ、中央が腐ってるんですね」
「中央よりも地方の腐敗がひどい。人の目が届きにくいからね。賄賂が横行しているよ」
「警察や司法は何をしているんですか?」
「彼らも腐ってるんだ」
「なるほど、政府に対する信頼がないんですね。それじゃ海外からの投資も鈍りますよ」
「うん、だからベトナムやインドネシアに置いていかれてる」
「国民が政府を信じないのは、過去に何度も植民地支配されているからかもしれませんね」
「それはあるかもしれない」
「経済活動の土台は信用ですから、そこを改善しないと、経済発展も難しいですよ」
「まったくね」
「とりあえず初等教育は何とかした方がいいですよ」
という会話をした後、フィリピンは毎年5%前後の成長率を保っていることを思い出し、冷や汗をかきました。

【10】
「フィリピンでは離婚するのに裁判しないといけないんですね」
「うん、だから離婚成立まで5年くらいかかる」
「長いですね」
「フィリピンはカトリックの影響力が強いからね。他にも問題はあるよ」
「例えば?」
「ストリートチルドレンをよく目にするだろう? この国では性教育が行われていないだけでなく、中絶も法的に認められていないんだ。だからどんどん子どもが増える。政府も困っているんだ」
「法律を作ればいいのでは?」
「いつも教会が反対するんだ。だから法案は通らない」
「教会はストリートチルドレンの増加を望んでいるんですか?」
僕が意地悪な質問をすると、先生は「さあね?」と肩をすくめました。


This post is tagged



Trackback URL

http://famasaki.com/dairy/20121028101531/trackback/

Leave a Reply





Category