日本がベーシック・インカムを導入した時、世界の経済人はどんな反応を見せる?

ちょっと前に国内ネットの片隅でベーシック・インカムが論じられましたが、どうも僕にはピンと来ない話だったので、著名経済人が言いそうなことを脳内でシミュレートしてみました。なお、これはあくまで脳内トークなので、深く考えないで下さいね。

「しばらく私が日本株に投資することはないでしょう。もしかすると底値を付けた時に買うかもしれないが、そんな日が来ないことを日本国民のためにも祈っています」
ウォーレン・バフェット(著名投資家)

「日本は正気かね? 金が返ってこないような相手に、金貸しが金を貸すわけがないだろう? 将来的に日本は地獄を見ることになるだろう」
ジョセフ・E・スティグリッツ(経済学者。ノーベル経済学賞受賞)

「それは残念な話だなあ。日本株からは手を引かせてもらうよ。知っての通り僕は臆病なトレーダーだからね。ま、気にしないで」
ジム・ロジャーズ(著名投資家)

「非常に興味深いアイディアだ。是非とも実行すべきだね。ボクも全力で研究にあたらせてもらうよ。途中で止めたりしたらイヤだなあ。行き着くところまでやってもらいたいね」
スティーヴン・D・レヴィット(経済学者。『ヤバい経済学』著者)

「日本ようやく金融に目覚めたんだな。オレ、前からそんな予感してたんだよ~! これは買いだよ、買い。ストロングバイ!!」
ニック・リーソン(元トレーダー。巨額の損失隠しでベアリングス銀行を破綻に追い込む)

「日本人はもっと賢いと思っていたが、私の見当違いだったようだ。好きにするがいいさ。どうせ私の住んでいる国ではない」
ポール・クルーグマン(経済学者。ノーベル経済学賞受賞)

「実にユニークな発想だ。素晴らしい。さすがは日出づる国だ。これから私は全力で日本株を買わせてもらうよ。今日は本当にいい話をありがとう(と言いつつ手持ちの日本株をすべて売り払い、ポジションを空売りに切り替える)」
ジョージ・ソロス(著名投資家)

 

 

※画像は過払い金問題で株価が1円を付けたときの武富士の板情報。その後、武富士は上場廃止に


This post is tagged



Trackback URL

http://famasaki.com/japan/20101113210805/trackback/

Leave a Reply





Category